レブキャピタルファンドはRiseToken(ライズトークン)D9とビットシャワーの湯田陽太が始めた新しいHYIP?詐欺の可能性大か!

ライズトークン

レブキャピタルファンドはMLM=ネットワークビジネスの会社です!!
レブキャピタルファンドは評判の悪い口コミで勧誘するビジネスです。
レブキャピタルファンドの内容を簡潔に記載しています。

Rise Token(ライズトークン、XRT)とは、ホワイトペーパーによると、イーサリアムプラットフォーム上で作られたトークン(仮想通貨)のようです。主にJoker(湯田陽太氏)という組織が広めています。不動産へのグローバル投資へのアクセスを拡大し、一般的には投資が難しい、投資用不動産や不動産開発案件への参入障壁を低くするようです。不動産購入後のP2Pレンタル、リース契約、不動産管理にトークンを活用することができるようです。運営会社は「Cowren Solution Limited」というところで、パートナー企業には、バハマに拠点を置く「Rev Capital Fund LTD(レブキャピタルファンド)」という会社が載っています。

ライズトークンの価格ですが、1XRT=1USDTで固定されているようです。よって1000XRTの購入は1ドル100円だと10万円となります。

スポンサーリンク







MLM会社について

会社概要

こちらに詳しく書かれています↓↓

RiseTokenとは?




世間のイメージは?

このライズトークンですが、etherscan上でコインの存在が確認できません。よって存在しないコインにMLMが付いたものになっており、非常に怪しいと言わざるを得ません。運営会社である「Cowren Solution Limited」の存在も確認できず、プラネットコイン、オーシャンコイン、レボレットが同じ運営であり、調べたところ数々の投資詐欺を繰り返してきた組織が背後にいる可能性が高いです。そして驚いたのは、XRT保有による配当及びMLMのコミッションが、XRTではなくBTCで支払われるというトンデモ仕様になっているところです。コインを上場させる気なんてはなっからないと思いますし、おそらく購入したXRTは売れないと思います。ライズトークンの報酬プランを見ると、MLMでいう小売り(ビジネス権限を持たない会員)が存在せず、末端ビジネス会員の購入額がただ上に吸い上げられていくピラミッドスキーム(ねずみ講)を形成しています。また自分も購入すればするほど報酬が優遇されるため、買い込みが起こりやすく、危険なものになっています。正直不動産うんぬんの話の前に、投資を検討する土台にも立てていないと思います…。デュブリ、D9、ビットシャワー、FOと数々の詐欺を広めてきた湯田陽太氏率いるJokerですが、最近では自分達の事をJokerと名乗らないようです。しかし構成員は変わっていません。

などなど

ボーナスプランは?

ライズトークンには、保有するだけで貰える配当と、MLMによるボーナスがついています。

配当ボーナス
保有するだけで毎月配当が入ります。配当はなぜかBTCで支払われます。保有しているXRT(ライズトークン)の枚数により%が変動します。

1000枚~2999枚: 0.8~1.2%
3000枚~9999枚: 1.2%~2%
1万枚以上: 2.5%~4.5%
※ただしコインの存在はetherscan上では確認できません…

直紹介ボーナス
紹介者がコインを購入すると、自分にもボーナスが入ります。自分が保有しているXRTの数で%が変動します。こちらもボーナスはBTCで支払いのようです。

1000枚~4万9999枚: 6%
5万枚~9万9999枚: 8%
10万枚~: 10%
ユニボーナス
自分の直紹介を1段目、その人の紹介を1段目…として、規定の段数分、紹介者が受け取った「配当ボーナス」の一部を毎月もらえます。5000XRTの保有者を1人としてカウントするようです。

また3系列出せるようです。紹介を出した人数により貰える段数が代わります。

1~3段: 配当の7%(直紹介1人はここまで)
4~6段: 配当の5%(直紹介2人はここまで)
7~10段: 配当の5%(直紹介3人はここまで)
バイナリーコミッション
左右でチームを作っていくバイナリープランで、少ない方のチームのコインの売上の10%がBTCで入ります。

XRTの保有数が5万枚未満の場合は、一日の最大コミッション付与額は10万XRTの10%となるようです。

保有数が5万枚以上の場合は、一日の最大コミッション付与額は30万XRTの10%となります。

タイトルボーナス
同じくバイナリープランで、少ないチームのXRT保有額が規定の条件を超えるとタイトルを貰え、BTCで報酬が入ります。自分の保有XRT枚数と直紹介人数もタイトル取得の条件になります。

ブロンズ: 少ないチームが3万XRT保有、自分で1万XRT保有、直紹介1名で達成、300ドルのボーナス
シルバー: 少ないチームが10万XRT保有、自分で1万XRT保有、直紹介1名で達成、1000ドルのボーナス
ゴールド: 少ないチームが25万XRT保有、自分で1万XRT保有、直紹介1名で達成、3000ドルのボーナス
ルビー: 少ないチームが50万XRT保有、自分で3万XRT保有、直紹介3名で達成、5000ドルのボーナス+ハワイ旅行
エメラルド: 少ないチームが100万XRT保有、自分で3万XRT保有、直紹介5名で達成、1万ドルのボーナス+ロレックス
また、3系列のユニレベルも合わせるとさらなるタイトルとボーナスが入ります。

ダイヤモンド: バイナリーの少ないチームが500万XRT保有、ユニレベルの一番小さい方が75万XRT保有、自分で10万XRT保有、直紹介5人で達成、500万ドルのボーナス+利回り5%を毎月ダイヤモンド達成者で分配
ダブルダイヤモンド: バイナリーの少ないチームが1500万XRT保有、ユニレベルの一番小さい方が250万XRT保有、自分で10万XRT保有、直紹介5人で達成、500万ドルのボーナス+フェラーリ+利回り10%を毎月ダブルダイヤモンド達成者で分配
クラウン: バイナリーの少ないチームが3000万XRT保有、ユニレベルの一番小さい方が500万XRT保有、自分で10万XRT保有、直紹介5人で達成、10億ドル相当(多分桁間違えています…)相当の不動産+利回り10%を毎月クラウン達成者で分配

まとめ

MLM(ネットワークビジネス)をやると友達をなくすとか言われていますが、それは本人の伝え方にもよりますしどのグループでやるかで全く違ってきます。詳しくはこちらで↓↓

ネットワークビジネス(MLM)マナーの悪さはセミナーのせい?

借金まみれでどうしようもなくなるまでのめり込むのはオススメしませんが、私はいいと思ったらとりあえずやってみるべきだと思ってます。何もやらずに否定している人よりずっと経験値が高くなりますからね。失敗を恐れて何もせずに年を重ねてしまうと経験値が足りないので騙されてしまうのではないかと考えています。経験値が低いと妙な投資話などへ大金をつぎ込んでしまう事にもなりかねません。それでは、また。



MLM2018年ランキング「2018年10月号」

MLM2017年ランキング「2018年3月号」

MLM2016年ランキング「2017年3月号」

下記のリンクからランキングを確認する事が出来ます!!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ

レクタングル大



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。