WCXトークンはコムサ「COMSA」以上に期待できる!?

WCXというのは仮想通貨取引所(交換所)であり、取引(交換)手数料を得て運営する形式になります。この交換手数料で得られる利益をトークン所持者に所有量に応じて分配します。10/30までの期間中はWCXトークンのボーナスセール中です。事前登録だけしてトークンを購入しなくても登録すればそれだけで50WCXトークンを無料でもらえますので、必ず登録だけはしておきましょう。

WCX無料登録で50WCXをもらう

10月10日に取引所はオープンしています。

↓↓↓↓

WCX取引所を確認する




投資前に知っておくべき事

概要

WCXは香港を拠点とする暗号通貨取引所で売買手数料の低価格化を全面に押し出しています。WCXトークンを所有していると毎月WCX取引所の手数料収入に応じて配当(暗号通貨)がもらえます。取り扱い通貨は「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「モネロ」の5種類です。今後、随時追加されていくのではないかと思います。

WCXのチャートと将来性

手数料は0.1%のようですので、大々的に謳っている「他より10倍安い」とは、なかなか言いづらいですが、それでも低価格化はユーザーにとっては非常にありがたいものです。そんなWCX取引所の設立に出資するのが今回紹介するICOなのです。WCX取引所の手数料収入の20%を、WCXトークン保有者全員で保有率に応じて分けるというものです。もちろんWCXトークンをたくさん所有している人ほど、たくさんの配当がもらえますね。

月額配当 =(前月のWCX取引所の手数料収入×20%)×(あなたが所有するトークン数 ÷ 全発行トークン合計)所有し続けたい人が増えればその分希少性も増して、WCXトークン自体の価格上昇も期待できます。

WCXトークンはトークンセールが終わるとそれ以降は追加発行されません。WCX取引所がどんどん大きくなって手数料収入が増せば増すほど配当が増えてWCXトークンの需要が高まるという構図になるんですね。

コインチェック「coincheck」で購入できる仮想通貨一覧


ビットコイン「BTC」について


イーサリアム「ETH」について


イーサリアムクラシック「Etc・Ether Classic」
について


リスク「LISK」について


ファクトム「FCT・FACTOM」について


モネロ(Monero XMR)について


オーガー「Augur・REP」について


リップル「xrp・ripple」について


ジーキャッシュ「zec・zcash」について


ネム「NEM・XEM」について


ライトコイン「LTC・Litecoin」について


ダッシュ「DASH」について


ビットコインキャッシュ「BCH」について

まとめ

WCXいかがだったでしょうか?私個人ではコムサ以上に買い需要があるのではないかと考えています。買うか買わないかは個人の判断だとは思いますが、無料登録でも50WCXもらえるので登録はオススメします。

WCX無料登録で50WCXをもらう

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

レクタングル大



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。